今まで録りためた『土屋太鳳』出演作品をいつかまとめて観ようと思ってましたが、まずは『累 -かさね-』を観ようと決めていました。若い俳優さん、女優さんが必ず青春映画、恋愛映画に出演されますが、予告編を観た限りでは、太鳳ちゃん(親しみをこめてこう呼びます。)はこれで別のステージに行ったなーと勝手に思ってしまいました。

本物の累を芳根さんが演じ、本物のニナとニナに変わった累の二役を太鳳ちゃんが演じていましたが、お二人ともなかなかの狂い加減でたまらなかったです。

原作で描かれている部分を後追いで調べてみて、原作が読みたくなった久々の作品でした。

とにかく太鳳ちゃんがまた好きになりました。