海外では「ペンタゴン・ペーパーズ」とか体制VSメディア的な映画はありますが、日本では、あまり存在しない内容の作品だと思います。(勉強不足ならすみません)

個人的には「松坂桃李」さんが出演している作品は好きなので、本作もかなり期待して観ました。

内容的には本当にこんなことが行われていたら、なかなか怖いなーと思いながら、観ていましたが、その辺は一般人には知り得ない部分なんでしょうね。

ラストシーンの松坂さんが、ホントよかった。あの表情だけで作品の全てを回収してくれた気がします。