5月の終わり頃、たまたま在庫があったお店を見つけて『Behringer(ベリンガー )TD-3』を買いました。

翌日に「TD-3」が手元にやってきて遊びながらすぐに思ったのことは「リズムが鳴らせる(リズムマシン)楽器を買わないと本格的には遊べないなー。」ということ。

すぐにリズムマシンを物色し始めました。まず第一候補に上がったのは、同じベリンガーの「RD-8」(808ですね)でした。今なら順当なチョイスですね。

ただ「RD-8」は、いずれ買いますが「自分の曲も録りたい。(他にない音を使いたい)」「自分のポッドキャストのジングルも作りたい。(番組のタイトルコールを入れたい)」「そして大きい音で自由に演奏したい。(リズム以外の音色も充実している)」この三つくらいの要素を満たしてくれるとなると「サンプラー」が良いかなーという結論。

余談ですが、これまでのぼくのサンプラー遍歴(大小含みます)です。

  • 「CASIO RZ-1」(これは衝撃でした。)
  • 「ROLAND W-30」(バンドでたくさん使った)
  • 「AKAI REMIX88」(すぐに手放す)
  • 「ROLAND SP-808」(Zipドライブが壊れた。テルミンっぽいの好き)

記憶が確かなら、これくらいです。(笑。)

今回、手に入れたKORG『electribe sampler』をいじって思ったのが「サンプラー」の定義がきっと今と昔とで様変わりしてるんですね。ホントに勉強不足でお恥ずかしい。ただその甲斐あってこの『electribe sampler』ホントすごくて面白いです。お値段もリーズナブルです。

今更ですが『electribe sampler』こんな感じです。ぼくが説明するより、見た方が早い。(興味のある方は動画をどうぞ)

楽器が出来るない人でもガチガチに音楽を作れちゃいますね。プリセットのフレーズの出し入れをしているだけで十分楽しめます。

ご興味ある方はぜひお手元に一台。