スポンサーリンク

246沿いにハードオフがあるよ

SNSで教えていただいたので、発掘作業に出かけてきました。

いつもと行っている店ではないので、高揚感たっぷりです。

ラインナップです


「Daryl Hall & John Oates/H2O」

1982年発売。名曲「マンイーター」「ワン・オン・ワン」収録。今聴いても、とても洗練されていますね。


「Foreigner/4」

1981年発売。探してましたこのアルバム。ヒット曲「アージェント」が大好きなんですが、今聞くと結構、淡々としていますが、すごく引き込まれます。


「Foreigner/Head Games」

1979年発売。名曲「ヘッド・ゲームス」が収録されています。ハードさとシンセの音色が心地よくブレンドされていて大好きです。

続いて邦楽です


「高中正義/alone」

1981年発売。同年に3月に発売された「虹伝説THE RAINBOW GOBLINS」から一年も経たないうちに発売されたアルバムです。わかりやすいリゾート感溢れるアルバムになっています。「SPEED OF LOVE」そしてタイトル曲「alone」が切なく最高です。そして帯には「初回プレス分のみフィルム・レコード付き」と書いてあり、「WHITE LAGOON」という曲の「ソノシート」が入っていました。(ラッキー)


「松任谷由実/紅雀」

1978年発売。実は、このアルバムの存在を今回、発掘するまで知りませんでした。ユーミン自身も「最も地味な作品」と言っているようです。しかしながらレコーディングメンバーは相変わらず豪華な布陣でした。聴きこんでみます。

欲しかった7inchを発掘できました!


「沢田研二/恋のバッド・チューニング」

1980年発売。自分的ジュリーのベスト3に入る楽曲です。曲もさることながら、一番最初にテレビで観た時は、そのビジュアルに度肝抜かれました。同じ時期に同じように観られた方は、同じような感想を持たれたんじゃないでしょうか。それくらいの強烈なインパクトを与えてくれました。

今回、9枚も買ってしまった原因は3枚も所持済みの盤を買ってしまったのが原因です。

しかし、見つけたら持っていても買うと心に決めた名盤たちなので後悔はありません。(笑。)


「PLASTICS/WELCOME PLASTICS」

もう書くこともありません。これが計3枚目です。(笑。)


「PLASTICS/ORIGATO PLASTICO」

奇跡です。「プラスチックス」のセカンドアルバム「オリガトプラスティコ」まで発掘!所持していますが、ゲットいたします。


「Frankie Goes To Hollywood/Two Tribes」

多大なる影響を受けましたバグルスのトレバー・ホーンさんのレーベル「ZTT」からリリースされた「フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド」の「Two Tribes」の12inchシングルです。これも擦り切れんばかり聴きまくったので、予備が欲しかったところだったので、発掘できて喜んでおります。この曲をご存じない方、ぜひPVのご視聴をお勧めいたします。

最後に

総額4,968(税込)円でした。ずっと探していたアルバムに一気に出会ってしまった為に枚数が増えてしまいました。ですが、これも一期一会。次の出会いはないともうないと言い聞かせ、全てゲットしました。