感想です

この映画を観る前にテレビシリーズの『SPEC』を全話見直していて、その流れで他の『堤幸彦監督作品』が観たくて観たのが本作です。おふざけなしの内容だったので大好きな堤監督テイストが出てはいませんでしたが、メッセージはダイレクトで見ごたえがありました。

親子の物語もありましたが、決して美談ぽく描かれることなく、対比として残酷さもあって胸にきました。

大好きな「綾野剛」さんもとても良かったです。実力派、個性派なんてカテゴリーを吹っ飛ばして「綾野剛」という世界を十分すぎるほどに発揮してくれていました。主役の江口さん、本木さんも存在感がありすぎて最高でした。