天空の蜂 [Blu-ray]
天空の蜂 [Blu-ray]

スポンサーリンク

あらすじです

1995年夏、愛知県の錦重工業小牧工場から防衛庁へ納品する最新の設備を搭載したヘリコプターが、正体不明の人物によって奪われてしまう。やがて遠隔操作されたヘリは稼働中の高速増殖炉の上空でホバリングを開始し、テロリストが日本全国の原発停止を求める犯行声明を出す。さらに、ヘリ内に子供がいることがわかり……。

感想です

この映画を観る前にテレビシリーズの『SPEC』を全話見直していて、その流れで『堤幸彦監督』作品が観たいなーって思って観たのが本作です。おふざけなしの内容だったので大好きな堤監督テイストが出てはいませんでしたが、メッセージはダイレクトで見ごたえがありました。ここまでダイレクトな内容だから堤監督が本作を撮ったのかなって思いました。

親子の物語もありましたが、決して美談ぽく描かれることなく、対比として残酷さもあって胸にきました。

大好きな「綾野剛」さんもとても良かったです。実力派、個性派なんてカテゴリーを吹っ飛ばして「綾野剛」という世界を十分すぎるほどに発揮してくれていました。主役の江口さん、本木さんも存在感がありすぎて最高でした。