007と言えば「ショーン・コネリー」「ロジャー・ムーア」の頃、青春だったぼくにとって、それ以降の「ジェームス・ボンド」には感情移入出来ないでいました。そしてある日、大好きなデヴィッド・フィンチャー監督作「ドラゴン・トゥーの女」でダニエル・クレイグさんを見ました。

雰囲気あるなー。とシンプルな感想。

そして本作を観終わって思ったのはダニエルさんのボンド、すごく好きです。かつてのボンドの中で一番、英国っぽさが一番出ていました。物語もかつての仲間が敵になり、絶対を要求される組織の中にある私怨がストーリー的に新鮮でよかったです。次作も期待したいと思います。