2018年下半期の『カップラーメン観察日記』です。ご承知の通り、2018年夏はありえないほどの酷暑。その為に食べた量が全体的に少なくなっています。

スポンサーリンク

2018年下半期ベストをご紹介します

エースコック CoCo壱番屋監修 濃い出汁香るカレーそば

CoCo壱番屋監修 濃い出汁香るカレーそば

適度な弾力と歯切れの良さを併せ持った角刃のめんです。そばの風味豊かなめんに仕上げました。鰹をしっかりと利かせた和風だしに、玉ねぎや豚の旨みが溶け込んだカレースープです。鰹やサバなどの魚粉を加えた特製和風とび辛スパイスをかけることで、一層だし感のある和風カレースープに仕上げています。程良く味付けした油揚げ、彩りの良いねぎ、ふんわりとした食感の卵を加えて仕上げました。

『CoCo壱番屋監修』って書かれた「カレーそば」ですから、期待しない訳にいきません。うどんじゃなくてそばって所も新鮮でした。カレーがそばに勝っていない作りも気に入っています。辛いのお好みの方は唐辛子を振っていただけるとさらに美味しくいただけます。

エースコック わかめラーメン 麺大盛りでわかめ7倍


「わかめ7倍」ってどれくらい?と思いながら、出来上がりを見たら、度肝抜かれました。わかめ好きな自分としては、美味しくいただけました。わかめ以外の部分は今まで食べ慣れている味なので安定感を感じました。

「わかめ7倍」のインパクトにやられました。こういう切り口も飛び道具として流行りそうですね。

総評

下半期は「これっ!」って商品に出会えませんでしたが、カレー系の安定感は抜群で「ハズさないなー。」と改めて感じました。

2018年のベスト1はこれです!

日清のどん兵衛 旨辛ユッケジャン風うどん


一過性の美味しさを感じる商品はいくつかありましたが、

繰り返し食べたいっ!
箱買いしたいっ!

と思わせてくれる商品は「日清のどん兵衛 旨辛ユッケジャン風うどん」しかありませんでした。2018年の素晴らしい出会いでした。

2019年も美味しい出会いを求めて食べて進めていきたいと思いますっ!今年も一年ありがとうございました。