あらすじです

わずか7日で終わった昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件、“ロクヨン”から14年が経過し、未解決のまま時効が近づいていた。そのロクヨンの捜査に携っていた警務部秘書課広報室の広報官・三上義信(佐藤浩市)は、記者クラブとの不和、刑事部と警務部のあつれき、ロクヨンを模倣したような誘拐事件に直面し……。

見ごたえがありました。役者さんたちも豪華だし、ストーリーも重厚でした。

佐藤浩市さんや永瀬さんの演技にとにかく引き込まれました。前編後編とありましたが、一気に観れました。