レネー・ゼルウィガー主演の作品です。

期待はしていなかったのですが、昔のオカルト映画的な怖さもあり楽しめました。

ありそーな内容といえば否定できませんが、レネーさん目当てのぼくにとって改めてレネーさんの魅力を知ることが出来た映画でした。

レネーさん「声」がステキなんですよね。もちろんお姿もですが。