始まりがあれば終わりがあります。最終日は早く起きて、昼寝をしたりテレビを観たり、部屋の片付けをしたりとノンビリ、ダラダラゆっくりした一日を過ごしました。