朝飯を食べ損ね10時くらいになる。チャーハンがモーレツに食べたくなり、駅周辺を徘徊するが、11時過ぎないと中華屋さんは開いていないらしくコンビニで何か買って帰ろうか迷うが、どーしてもチャーハンが食べたかったので駅ビルの本屋さんに時間を潰しに行く。


荒木飛呂彦さんの「荒木飛呂彦の漫画術」という本を買う。申し訳なく失礼な話なのだが、荒木さんの作品を読んだこともない。ただ以前「荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論」を読んだことがあり、この本がすごく面白かったので引き寄せられて買ってしまった。


無事11時過ぎまで時間が潰せたので、念願のチャーハンを食べて家に帰る。

そこからはひたすら家の片付けをする。その甲斐あってAスタが一通り片付く。片付いた部屋で夜はお酒を飲んでダラダラと過ごす。地味に疲れました。