友人の送別会ライブでのオケ作りで「Logic」を使いまくりました。そのおかげでソフトの最小限の使い方を覚えられました。その勢いで昔、使っていた「YAMAHA QX-3」で作った音楽データ(MIDIデータ)を一気にLogicに移すことにしました。

iMacに「EDIROL UA-4FX」を繋ぎ、EDIROL UA-4FXにYAMAHA QX-3を繋ぎ用意完了。

LogicにMIDI16ch分の設定をして「SYNCをINTERNALからMIDI」に変えてLogicのRecをスタートするとYAMAHA QX-3で作ったデータがLogicに読み込まれていきます。データ量も相当あるので、時間がかかりそうだなーって思ったら

ふと「MIDIデータだからテンポを上げてやれば、読み込む速度も上がるんじゃんっ!」

なんて当たり前のことに気付き、テンポを「900くらいして(笑。)」一気に読み込んでやってます。

QX-3はフロッピーディスク&ドライブが壊れたら、一巻の終わりなんで一気に作業する腹づもりです。「今、現在の環境で昔、作った曲を作り直す」という以前、描いていた未来がやってようです。