スポンサーリンク


押し入れの中に鎮座してた「YAMAHA QX-3」20代に買った音楽用シーケンサーです。今だったらiMacが余裕で買えちゃう値段でした。

 

作曲、ライブと大活躍で大変お世話になりました。多くの機材は中古屋行きになりました。でもこのQX-3だけはハードケースに厳重に守られ、来たるべき日を待っていました。

 

時間をかけて創った曲たちは骨董品のような箱の中にMIDIデータとして眠り続けました。やがて時間が過ぎ、機材が発展して創った曲が再び作り直せる日がくる。そんなことを思いながらQX-3を残し続けました。

 

ティーンエイジャーの感性で創った曲を大人になった自分が作り直す。それが思い描いた未来予想図だったかもしれません。

 

そして音楽ソフトが安価で買えるようになった今、そんな瞬間は目の前までやってきているのように思います。

 

青春時代の「怨念」が、再び声を上げる日が、そこまできています。(笑。)