今月も散策してきました。最初に書いておきましょう。

今回は偉大なる姉さん「ユーミン」3連発です。

スポンサーリンク

今月発掘したアナログたちです


「松任谷由実/流線形’80」

1978年11月に発売されたユーミンの6枚目のアルバムです。曲単位では知っている収録曲は多くありますが、アルバム単位で聞くのは今回、初めてです。

改めて思いますが、「埠頭を渡る風」は、ホントに名曲です。ジャケットもこの曲に合わせて書かれているんでしょうか?そんな気さえしてきます。


「松任谷由実/時のないホテル」

1980年6月に発売された9枚目のアルバムです。このアルバムをリアルタイムで聴けるチャンスがありながら、どーして押さえていなかったのか?って自問自答してみましたが、

「子供だったんですね。」

ユーミンのこの圧倒的な世界観が理解できなかった幼き中学生の自分を思い出します。


「松任谷由実/SURF&SNOW」

1980年12月に発売された10枚目のアルバムです。ジャケットが最高にいい。

数年後、映画の挿入歌で有名になる「恋人がサンタクロース」が収録されていますが、ぼくが最初にこの曲を聞いたのは、高校の文化祭(?)でした。軽音部だったガールズバンドのレパートリーだったのですが、その時からいい曲だなーと思ってました。

最後に

総額、1800円(税抜)のお買い物でした。

以前から欲しいレコードリストに入れていた3枚を今回、買ってみました。まだまだユーミンのアルバムはリストにあるので、また機会をみて手に入れたいと思います。

CDで買い直せばいいところですが、アナログで持っておきたいユーミン、まだまだ追っかけていきたいと思います。