万引き家族」でパルム・ドールを獲った是枝裕和監督の作品です。

是枝監督の作品を観るのは、今回が初めてです。この作品を最初に選んだのは、俳優としての福山さんも役所さんも大好きだし、法廷モノも大好きだったからです。

勝利にこだわる弁護士・重盛(福山雅治)はやむを得ず、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所広司)の弁護を担当することになる。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴された三隅は犯行を自供しており、このままだと死刑は免れない。重盛は、どうにか無期懲役に持ち込もうと調査を開始する。三隅は会う度に供述を変え、動機が希薄なことに重盛は違和感を覚える。やがて重盛が三隅と被害者の娘・咲江(広瀬すず)の接点にたどりつくと、それまでと異なる事実が浮かび上がっていく

一回観ただけでは、正直、わからない部分がたくさんありました。でもそれは明らかに自分の理解力のなさからくるものだと理解していたので、観終わった後、作品について書かれたテキストを片っ端から読みました。

人の助けを借りて、自分なりに理解できた(?)作品でした。

もう一度、観てみる予定です。その時は1回目と違った見方ができそうな気がします。